« ’13-36 羽州街道を歩く その2 | トップページ | ’13-34 羽州街道を歩く(再掲) »

’13-35 羽州街道を歩く その1

 『嬉しいご案内』

或る会社のHPに私のこのブログをリンクさせて頂けることになりました
会社のHPと言っても、その中にある1つのカテゴリーなのですが、そこに書かれているのが     『元気の出るブログ・愉快満載の百科店」 となっていて、内容は「いつだって街歩き」「パソコンよろずマニュアル」「満点デジカメライフ」「錦町世情研究所」などがあって、ここの私のブログを転載させて頂けることになったのです
 
  その名は 『サンキyou広場
どうぞ この広場にもお越し下さいますようお願い致します

   ~~~~~~~~

 【 「羽州街道」とは・・・
江戸時代の街道で、奥州街道と並ぶ東北の二大街道のひとつ。
現在の国道113号、13号、7号にほぼ重なるコースで 全長は約497km。
福島の桑折町で奥州街道から分かれ、宮城の七ヶ宿、山形、秋田と進み、青森の油川でまた奥州街道に合流する、東北地方の西部を貫く基幹道。
途中、上山や山形、天童、新庄、久保田、弘前の城下町を通った。

「羽州街道」の名称は地域性の強い諸街道の総称で、かつては土地毎の「小坂道」「山中七ヶ宿街道」「最上街道(道)出羽山形」「秋田街道(佐竹街道)」「下筋街道」「碇ヶ関街道」「外ガ浜街道」が使用された。
街道は陸奥国弘前、黒石藩、出羽国秋田、亀田、本庄、矢島、松山、新庄、庄内、長瀞、天童、山形、上山藩の13の大名が参勤交代で利用し、物資や文化を運ぶ大動脈として、また、出羽三山を参詣する白装束の行者で賑わったという。

宿駅は、本陣のない間宿(あいのしゅく)を含めると58を数え、出羽国には、南の「楢下」から北の「及内」まで17の宿駅が設けられた。
江戸時代の文人墨客である菅江真澄や芭蕉を始め、伊能忠敬や吉田松陰、イギリスの女性旅行家イザベラ・バードなどもこの街道を歩き、日記や紀行文、絵図を残している】

  ~~~~~~~~

'13/10/27  (日) きょうの行程は「米沢から高畠まで」 ですが 米沢では雨
東京発 10:14 新幹線に乗車 12:17 に米沢駅着
歩行距離は約14㎞ 駅前食堂で腹ごしらえをしましたが、すき焼きのような鍋が美味かった ヤハリ米沢牛の本場 なのでしょう

Bmp001 6時方向の「米沢駅」をスタ-ト

先ずは「上杉神社」へのご挨拶

後は 12時方向の「高畠」を目指しますが、ルートはほぼ一直線

宿は高畠駅に隣接している所を選びました(他に宿が見つからなかったこともありますが 笑)

言い訳:雨中で傘を差して歩いていたため、「上杉神社」の標識を見落とし、だいぶ先まで行ってしまいUターンしましたが、だいぶ時間をロスしてしまいました

黒点線のように高畠を目指して歩いてましたが、時刻は3時過ぎ、これからまだ距離は8キロほど残ってますが、雨が降ってるし到着は6時を過ぎるだろう
と思った途端、身体はUターンし米沢駅に向かっていました(笑)

20131027_110851001Dscn4159

左:米沢へ向かう車窓から撮ったのですが、青空が広がり好天約束されているようで楽しみです

右:米沢駅のモダンな駅舎 駅前広場には雨が降ったように地面が濡れていました
さっきまでのあの青空は何処へ行ってしまったのでしょうか?
Dscn4160 Dscn4164 左:「最上川」となっていましたが、その上流方向をパチリ
遠くに霞んでいる山が最上川の源流になるのでしょう タブン

右:同じ川の下流方向を撮ってみました

なお、ルート図の右に広い川がありますが、調べてみるともっと下流でお互いが合流するようで、これが最上川に成長?するのでしょう

   ~~~~~~~~

米沢駅から高畠駅まで手抜きの電車利用をしてしまったので、高畠駅には5時前に到着
宿は駅に連接してるので。早く着き過ぎてしまったので時間潰しが必要

Dscn4167Dscn4166

左:「高畠駅」の超モダンな駅舎
駅前広場の木も紅葉真っ盛り

右:駅前広場には 何故か「カッパの石像」

『カッパの伝説・・・高畠町糠野目の松川で、馬方が馬を洗っていると、なんと馬がずんずん沈んでいくではありませんか。
馬方が力いっぱい馬を引き上げると、しっぽにカッパがくっついてきました。
馬方は怒ってカッパに「いたずらするやつはつかまえて殺してやる」というと、カッパは「きず薬の作り方を教えるからお許しを」と必死に謝ってきます。馬方は「もういたずらはしないという証文を持ってこい」と言って、カッパを放してやりました。
次の朝、馬方の家の前には、きず薬の作り方とカッパ文字で書かれた証文が置いてありました。
その証文は「カッパのわび証文」として今も残っているそうです』

高畠駅構内には今流行りの温泉施設があって、宿泊客は無料
ただ、温泉に行くには駅の改札前を通らないと行けないので、寝間着のままで と言うわけにはいきません(笑)

きょうの歩行距離は 約6㎞ 
初日から雨中行進では先が思いやられます

|

« ’13-36 羽州街道を歩く その2 | トップページ | ’13-34 羽州街道を歩く(再掲) »

★ 羽州街道一人歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96720/54047377

この記事へのトラックバック一覧です: ’13-35 羽州街道を歩く その1:

« ’13-36 羽州街道を歩く その2 | トップページ | ’13-34 羽州街道を歩く(再掲) »