« ’13-41 羽州街道を歩く その7 | トップページ | ’13-39 羽州街道を歩く その5 »

’13-40 羽州街道を歩く その6

'13/11/1  水曜 晴れ

Bmp_3 きょうの行程は「尾花沢から新庄まで」

今日までで6日間過ぎましたが、晴れは3日だけ 勝率は5割 もっと勝率が上がると良いのですが・・・

昨日までは 「近くて遠いは田舎の道」 でしたが、尾花沢を出ると様子が変わり 家数が少なくなり、道も緩やかなアップダウンが続くようになりました
登れば必ず平らになる うまくすれば下り坂かもしれない と励ましながら歩いてますが、小休止ばかりが多くなってきました

ただ きょうのコースにはトンネルがあるので、この区間は手抜きを決め込んでいます 
区間は芦沢駅から舟形駅までの乗車時間は5分間

手抜きのお陰できょうの歩行距離は 19.3 キロ
新庄に着いたのが 14:30 頃

この後は 勿論ヒトカラで これは予定の行動ですよ(笑)
タブレットでカラオケを検索し、シャワーを浴びたら目的地へ直行しましょう


例の言葉遊び
  雪囲い準備して 来る雪を 迎え打つ
  半月も すれば舞い来るのか 白い使者


追記
きょう 歩きながら無意識に歌ってたのが
 ♪日の丸鉢巻き 締め直し
  グッと握った 操縦かん
  万里の怒涛 飛び越えて
  行くぞ ロンドン ワシントン

子供のときに歌ってのですが、無意識であっても悲壮な気持ちで歩いているのでしょうね(苦笑)

Dscn4324Dscn4326 左右:尾花沢で泊まった宿の女将の手作りだそうですが、あまりの出来映えに思わず パチリ

Dscn4334Dscn4335左右:点在している家々も雪囲いをして 襲来する冬を迎えるのでしょう

Dscn4333 Dscn4341 左右:途中での風景

Dscn4337 Dscn4338 左:クルミの天日干しをしていたので、雪のことを聞いてみたら
「普通は11月中旬には降り始める そして2mくらい積もる」
と言っていました

右:   庚申に 貰ったリンゴ供え 無事祈る

とは虫が良す過ぎるかも知れませんね(笑)

Dscn4339 Dscn4343 左:途中での風景ですが、この枝を見ていると相当強い風が吹き付けるのでしょうね

右:心なしか 山が近くなってきたような気がします

Dscn4344 Dscn4345 左:「陸羽東線」の踏切ですが、「羽州街道踏切」と書いてあって、何となく嬉しくなってしまいました
単純な男ですねぇ(苦笑)

右:「一里塚の石柱」

Dscn4348Dscn4350左:遠くに雪化粧をした「月山(出羽三山の一つ)」が見えてきました

右:まだこんなに明るい内に「新庄」に着きましたが、電車利用をしたお陰ですね(笑)

宿でシャワーを浴び、「ヒトカラ」へ行ってきました
カラオケの成果 
「スタンドアローン(坂の上の雲 テーマ曲)」の点数が 87 点で、今までの最高得点
こんなことがなければ、アホらしくて歩いてなんていられませんやぁ(爆)

きょうの歩行距離 約16km

 

|

« ’13-41 羽州街道を歩く その7 | トップページ | ’13-39 羽州街道を歩く その5 »

★ 羽州街道一人歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96720/54071592

この記事へのトラックバック一覧です: ’13-40 羽州街道を歩く その6:

« ’13-41 羽州街道を歩く その7 | トップページ | ’13-39 羽州街道を歩く その5 »