333,寄り道・手抜きの中山道 (恵那から馬籠へ ① )

10/30 (金) 快晴

昨日ホテルに着いてから、あのアップダウンの連続を思いだし疲れを感じていました。
それにきょうの行程は地図の上では約24キロとちょっとシンドイ。それに馬籠に入る手前からあの周辺をジックリと歩き回りたいという考えが浮かんできて、即決断。
恵那の町を散策したら中津川まで歩く(赤点線)のを止めて、電車で「中津川駅」までショートカット(赤実線)することにしました。

Photo_4

その考えを纏めたのがこのルート図で、赤実線を電車で約10分 (歩くと地図上の距離で約12キロ)。
これでだいぶ時間の余裕が出来て「馬籠」でユックリ出来そうです。

Photo「恵那(大井宿)」の町並みと家々で、それぞれ標識に名前が書かれていますが・・・

手抜きをして中津川から歩き始めましたが、市街地や住宅地なのにアップダウンの連続、住んでいる人はこれでは難儀でしょう。
特に 雪でも降っていたら と思うと怖ろしい。

Photo_2中津川にある「桂小五郎の隠れ家跡」で、説明によると・・・ 文久二年(1862)6月、長州藩士桂小五郎(木戸孝充)は、京都に向かう藩主毛利慶親公の行列を待つ間、幕吏の目をのがれて中津川の平田門人間秀矩(はざまひでのり)や市岡殷政(しげまさ)の好意で、密に料亭「やけ山」(この家)に隠れ待機した。
やがて「中津川会談」三日の結果、桂の主張によって長州藩は、尊王倒幕へと決断した。
明治変革の秘史を物語る場所である。
 (中津川市観光協会の解説による)

この「隠れ家」は中山道から少し離れていました。

Dscn1769「落合宿」の通りですが、左にあるのが「善昌寺」で、寺の松が道に張り出している形が気に入りました・・・この松は、創建当時の山門を覆っていたことから門冠(かぶり)の松と呼ばれている。
道路新設拡巾・寺の移転等で根が痛めつけられて来たのか、凡そ450年の年を経ているといわれているが、さほど大きくなく宿場の入口に格好の風采を添えている・・・『落合まちづくり推進協議会』 の解説による

Dscn1781落合宿から馬籠に向かう途中で秋の空を撮ったものですが、正面の山は「笠置山(1128㍍)」というらしい。

Photo_3 いよいよ「落合から馬籠」への石畳になりますが、 昨日からの石畳に少しは歩き慣れたかも知れません。
和宮が降嫁する時は石畳に砂を敷いて歩きやすくしたとか・・・

Dscn1794_2 「是より北 木曽路」の石碑・・・ 1940年(昭和15年)7月、当時68歳だった島崎藤村が地元の要請によって揮毫したもの。
藤村は60歳頃より藤村老人と名乗っていたそうです。
憧れていた「木曽路」、ヤットここまで来ることが出来ました。

Photo_4

木曽路の碑の前にあるのが「一里塚と新茶屋旅館」で、300年以上前から茶屋を営んでおり、それが地名になったといわれているそうです。

Photo_5 新茶屋から馬籠への途中の風景ですが、周りの紅葉も進んでいるようです。

 【続く】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

334,寄り道・手抜きの中山道 (恵那から馬籠へ ② )

Dscn1813「馬籠宿」の入口ですが、中津川から馬籠に着いたのが2時半頃。馬籠がこんな斜面にあるとは知りませんでした。

そして考え込んでしまったのが宿へのチェックインまで どうやって時間を潰そう 困った。

Dscn1814_2

「水車小屋と桝形常夜灯」、桝形になっている旧道(だと思います)はこの石段のある道で、石段を避ける坂道は常夜灯の右をにあります。

Dscn1846 各家々はいろいろな趣向を凝らして宿場の雰囲気を盛り上げています。

Dscn1822 この子は「水車」が気になるらしく、暫くここを離れようとしませんでした(私もそれを見ていたのですからヒマですねぇ 笑)

Dscn1815 多くの観光客が来ていて、1本きり無いメインストリートは混雑していましたが、この時刻になると下にある駐車場に向かう人が増えています。

Photo_7

ここは「永昌寺」というお寺で、「島崎藤村一族の墓」があるところです。

「若菜集」を読み耽ったのはいつ頃だったのだろうか・・・

Dscn1859夕方の馬籠宿ですが人通りも殆ど無くなり、この店も戸締まりを始めようとしていました。

Dscn1858暮れてゆく街道筋

Dscn1854 これで何とか夕方になり、時間を潰すことが出来ました。 が、何という贅沢な街道歩きをしているのだろうか、と自分が可笑しくなってしまいます。

蛇足・・・どこの町でも6時?になるとチャイム放送が流れますが、ここ「馬籠のチャイム」は「椰子の実」。やはり島崎藤村ゆかりの地なのでしょう。(因みに「妻籠」のチャイムは「信濃の国」で県歌だそうです)

 【明日に続く】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

335,寄り道・手抜きの中山道 (馬籠から妻籠へ ① )

10/31(土) 快晴

Photo きょうから(実際には昨日からですが)待望の「木曽路」に入りました。行程は「馬籠から妻籠まで」で、下にある「馬籠」から北に向かって「馬籠峠」を越え、「妻籠」へ歩くわけですが、遊歩道のような道が「妻籠」まで続いていました。ただ歩行距離は今回の街道歩きでは一番短いのでは と思っています。

それと、今までの泊まりは経済性を重視してビジネスホテルに泊まることが多かったのですが、木曽路にはこのような施設は無く、旅館のお世話になります。

Dscn1891 馬籠から見た早朝(6時半過ぎ)の「恵那山」。
悪いクセ?で旅に出ると何故か早起きになってしまい、旅館の戸を開けてもらい早朝散歩です。

Photo_2同じく早朝の「馬籠」で、まだ人通りはありません。

2家々の戸が開けられ、挨拶が交わされ、忙しい一日がこうして始まるのでしょう。

Dscn1901馬籠の宿場通りからすこし外れますが、畑の中にポツンとあったのが「菊姫の供養塔」です。
説明によると、7基の五輪塔が立っていて五輪様と呼ばれ、「木曽義仲の異母妹菊姫の墓」と伝えられる。菊姫は源頼朝の妻政子が養女として都に住んでいたが、その威を借りた家臣が乱暴し、菊姫は幕府に捕らえられた。
しかし政子の願いで菊姫は美濃国遠山庄内の1村を与えられ、法明寺を建てて義仲の冥福を祈ったといい、その跡と伝えられている とのことです。

3 宿をチェックアウトし、もう一度「馬籠通り」を歩いていると、喫茶室が開いていたので、さっそく恵那山が見えるテーブルでモーニングコーヒー。(店の姉妹?にはブログに載せることの了解を得ています)

4 「馬籠峠」への道を歩きながら眺めた紅葉です。

右下の十返舎一九の碑には『渋皮の むけし女は見えねども 栗のこわめし ここが名物』 と彫られているようですが、ジックリ読むのが苦手なので・・・

Photo 「馬籠峠の頂上(標高801㍍)」で、このような峠の茶屋が店を開いていました。

7_2 峠を少し下ると「一石栃休憩所」ありました。
ここでは街道杖の販売や焼き印を押しているようですが、ちょうど杖に焼き印を押していました。
休憩所の前にはこのような水場もあり、その水の美味かったこと !!

Dscn1954 更に下ると「雄滝・雌滝」に着くわけですが、その少し手前にあったのが この「道祖神」。

「双頭一身像」の道祖神ですが、道祖神は村の辻などにたてられ魔障や災厄を遮り追い払う。或いは行路の人の安全を守る神とされている。こうした石像の姿から、転じて男女和合の縁結びの神にもされている。のだそうですが、この石仏がその「双頭一身像」かどうか判りませんが、嬉しいものの発見でした。

 【続く】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

336,寄り道・手抜きの中山道 (馬籠から妻籠へ ② )

Photo_2 ここも観光スポットで、バスの駐車場が近くにあって観光客がけっこう見に来ていました。 左が「雄滝」で落差12㍍、右が「雌滝」の落差は10㍍だそうですが、正確なことは?です。

Photo_3 中山道からは少し外れますが、「県宝・藤原家住宅」という標示があったので寄り道してみました。

解説によると・・・間取り・構造・仕上りから17世紀半ばまでさかのぼる古い建築であることが判明し(庭で仕事をしていた家の人の話では、350年前のものらしいが詳しいことは判らない とのことでした)、昭和63年に復原修理されました。長野県内の民家でも最も古いクラスに属するもので、長野県宝に指定されているとのこと。

Photo_5「大妻籠」・・・ 説明によると、この辺りは妻籠地区「重要伝統的建造物郡保存地区」に含まれる大妻籠集落で、卯建・出梁造りの民家・民宿が小規模ながら軒を並べています。

Photo_6 いよいよ妻籠宿に入ってきました。
土産物屋を覗くとやはり木材を使った  まな板・菅笠・輪っぱ製品などが多いようです。

P1160121_2通りを歩いていると土産物屋の奥が喫茶室になっていたので、コーヒーブレイク。が、この店のコーヒーはカップ込みの値段なのです。
この中にやや大きめのマグカップがあったのでこれで注文。飲み終わるとそのカップを洗って紙にくるんでくれました。
夕方、自分用だけでは気が引けるので夕食前にまたこの店へ行き、カミサン用の小さなカップでコーヒーをもう1杯(それが上の画像です)

2所々の店ではこのような実演もしていて、菅笠・木彫りの木曽駒・輪っぱ加工・コヨリでの木曽駒 などが傍で見ることが出来ます。

Photo_6 妻籠で見た風景。

Photo 妻籠の夕景で、馬籠のようではありませんが多くの人たちが歩いていた通りも、家々の外灯?が灯ると閑散としています。

Dscn2099 今晩お世話になる「妻籠の宿」で、低い格子戸を引くと暖かい空気が流れてきた宿で、女将さんとお嬢さんの二人で切り盛りしているようですが、皆さん親切でスッカリ気に入りました。

 【明日に続く】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

337,寄り道・手抜きの中山道 (妻籠から池の尻へ )

11/1 (日) 曇のち雨

Photo_4 きょうのルートは「妻籠から池の尻まで」で、このルートも雨の中を歩きながら急遽変更したのです。

事前に調べていたのが
1,「須原駅」から「上松駅」まで電車利用し、上松駅から「寝覚め」の宿まで戻る。 
2,「池の尻バス停」からバスで「寝覚め」まで行く。ただし、これは歩く距離がだいぶ多くなってしまう欠点があります。

Photo_7例によって早起きし、散歩をしてきました。これらはまだ誰も歩いていない6時半頃の妻籠です。

Photo_8歩いていると、犬と散歩のオバチャンに会いましたが、「この子はここへ来ると食べ物が貰えるので動かないのよ」。
この犬とオバチャンでは体力的には敵わないでしょうね。

Photo_9「柿其(カキゾノ)橋」からの木曽川ですが、「南寝覚め」と呼ばれているとか。

有名な「寝覚ノ床」は、これから向かう「上松」の手前にあります。

Photo_10雲が低く垂れ込めていて、イヤなものが今にも落ちてきそう。

2時頃になると とうとう雨。それも本気のようで、急いでレインウエアを着て 傘を差しての街道歩きです。

Photo_11 「岩出観音」のご本尊(上)と、雨中の観音堂の全景です。説明によると・・・『一度火災に遭い文化10年(1813)に定勝寺19代住職にり再建され、昭和58年に大修理が行われ今日に至る。
堂内には六十余点の絵馬が所狭しと掲げられている、絵馬はやはり馬の絵が三十五点と最も多いが、他にもいろいろな絵馬があり当時の暮らしや文化を伝えている。(この絵馬は気が付きませんでした)
英泉の風景版画「木曽街道・伊那川橋遠影図」に描かれている京都の清水寺に似た崖屋造りに特徴があります。』

「須原駅」に着いたのが2時45分頃、途中にある名刹「定勝寺」や「須原宿」も雨の中なので素通りです。
電車にはあと30分の待ち時間。
「池の尻」のバスは3時50分発車。
まだ1時間あるので「池の尻」まで歩くことにしましたが、駅に着いてスッカリ気が緩んでいたので気合いを入れなければなりません・・・

  【明日へ続く】

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

338,寄り道・手抜きの中山道 (池の尻から木曽福島へ )

11/2 (月) 晴

Photo_4 きょうの行程は、昨夜泊まった「寝覚」からバスで「池の尻」まで戻り、改めて歩き出し木曽福島まで行きます。(赤線がバスで戻った区間です)

Photo_14上の2枚は朝早く宿から見た雲ですが、何か不吉なことでも・・・

下は歩き始めた時に見た雲ですが、あの高い山はどこなのでしょう

Dscn2253

中山道は「倉本駅」の手前から少し東方向に登るのですが、地元の人が「ここから30分ほど奥に行くと『乗鞍岳』が見える」と教えてくれたので、街道からは外れるのですが登ってみたのがこの画像で、雲があって見ることは出来ませんでした。

Photo_16

「小野の滝」地元観光協会の説明によると・・・「小野の滝」は広重・英泉の合作による「中山道六十九次」にも浮世絵として描かれています。
滝の落差はおよそ20m、姿は昔から変わっていませんが、中山道は国道へと変貌し、明治43年には滝の上に鉄道が架けられました。この橋脚も表にはコンクリートなどを最小限にとどめ、石積みを用いて風情を となっていますが、右の画像が鉄道と滝を撮ったものです。

Photo_17 「小野の滝」から中山道はまた旧道に入り、暫く歩くと有名な?「寝覚めの里」で、多くの方がこの写真を撮っています。

上が二軒一緒に撮ったもので、左側が蕎麦屋、右側が民宿です(あるいは「だった」のかも知れません)。
左下を見ると女性が居ますが、私が挨拶をすると、この方が蕎麦屋の大女将?で、「国道に新しい店を開いたのでここでは営業はしていない。隣の民宿も今は営業していない」とのことでした。

Photo_18 上松駅の北にあるのが「桟(カケハシ)」。昔の中山道が今の国道付近を通っていた頃、この辺りは断崖絶壁が続く命がけの難所で、木曽川の絶壁に沿って丸太を立て、その上に横板を並べ桟道とした。
その桟道は高さ13m、長さ101mの石積みをし、長さ15mの橋を架け、1648年に完成した。
時々修理や改修がされましたが、その後通行人が松明を落とすという事故で焼け落ちてしまったと伝えられています。
それを石垣で造り替えた橋が現在まで残っています。石垣は国道の改良によって覆われてしまったため、対岸に渡って見ることになります(右上)。

左上・下は同じく桟道ですが、ここは木材によって支えられています。

Photo 何の変哲もない画像ですが、よく見ると線路の横に踏み跡が見えると思いますが、ここがこれでも「中山道」なのです。

ここを歩いていると前方に「鉄道保安員」の姿を発見、「ヤバ」と思いながら挨拶し「ここは中山道ですよね?」すると「そうですよ。けれども通らない人が多いようですよ」

この保安員は女性だったので、「写真を撮らせて」と言ったら、「顔はダメ」で了解を貰いました。

Photo_2 眺めた紅葉を纏めてみました。

Photo_3

4時過ぎに「木曽福島駅」に到着。
駅前案内所で古い町並みと喫茶店の場所を教えてもらい、コーヒーブレイク、そして古い町並みを散策し宿に向かいました。

  【次のカテゴリーへどうぞ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)